川西AXIS整体院

五十肩痛でお悩みの方へ。解決方法はコレ!

ネット予約はこちら LINE予約はこちら

五十肩痛でお悩みの方へ。解決方法はコレ!

五十肩痛でお悩みの方へ。解決方法はコレ!

2023/11/23

五十肩痛に悩んでいる方に朗報です!痛みや違和感があって日常生活に支障をきたしている方も多いことでしょう。しかし、そんな悩みを持つ方でもご安心ください。今回は、五十肩痛についての解決方法をお伝えします。気になる解決方法は、一体何なのでしょうか?そして、どのようにして適切なケアを行っていくのがよいのでしょうか?詳しくは以下でご紹介します。

目次

    五十肩痛とは?

    五十肩痛は、肩関節が可動域を制限する、全身の痛みを引き起こす疾患です。主に50歳以上の人に多く、左右どちらかの肩が痛くなります。原因は、長期間の重い荷物運搬や、肩関節の使い過ぎにより、腱板や肩回旋筋などの組織が炎症を起こしているためです。痛みの程度は個人差がありますが、病気が進行すると強い痛みや、肩の可動域が限られた状態になることもあります。整体の施術によって、筋肉の緊張や、血行不良を改善し、肩関節の可動域を広げることが可能です。また、運動療法やストレッチを組み合わせることで、早期回復につながるでしょう。五十肩痛に悩む方は、専門的な整体施術を受けることをおすすめします。

    五十肩痛に効くストレッチ方法

    五十肩痛は、特に50歳以上の方に多い肩の痛みの一種です。この症状に悩む方は日常生活に支障をきたしたり、上半身の軽い動作で痛みが生じたりします。そこで、五十肩痛に効果的なストレッチ方法をご紹介します。 1. 肩の軽い運動から始める 肩の痛みがひどい場合は、まずは肩を軽く動かすトレーニングから始めることをおすすめします。肩を回すような簡単な運動で、徐々に筋肉をほぐしていきます。 2. 肩周りのストレッチ 肩周りの筋肉を伸ばすことで、肩の痛みを軽減させることができます。両手を背中に回し、手首をつかんで肩甲骨を寄せるストレッチが効果的です。 3. 上腕を引っ張るストレッチ 上腕を引っ張るストレッチも五十肩痛に効果があります。肩幅よりも少し広めに足を開き、片腕を上げて、もう片方の手で上腕を引っ張ります。反対側も同様に行ってください。 これらのストレッチを日常的に行うことで、五十肩痛の症状を軽減することができます。しかし、痛みが強い場合は、整体での施術もおすすめです。整体では、肩周りの筋肉をほぐす施術や適切なストレッチの方法を指導してくれます。五十肩痛でお悩みの方は、整体での施術を受けてみることをおすすめします。

    五十肩痛に有効な治療法

    五十肩は、肩関節周辺の痛みや不具合を指す。主に50~60代の男女に発症することが多く、実際に肩が上がりにくくなる場合がある。五十肩は自然に治癒することもあるが、痛みを和らげるために整体が有効だ。整体では、肩関節周辺の筋肉や関節の動きを正常に戻し、血流を増加させることにより、運動と生活の質を向上させることができる。また、肩関節の可動域を拡大し、緊張を解放することで、肩こりや首こり、腰痛などの全身の不調にも効果がある。五十肩の治療に対する目的は、痛みの緩和、筋肉を柔軟にするためのストレッチ、そして肩周囲の筋肉を整えることである。整体で五十肩を治療することにより、様々なメリットを享受することができる。

    五十肩痛を改善する運動療法

    五十肩痛は肩関節周囲炎とも呼ばれ、50歳以上の方に多く見られる症状です。肩を上げるなどの動作が痛くなり、生活の質を低下させることがあります。 そこで、整体で行う運動療法がおすすめです。肩の可動域を広げたり、筋肉を強化することで、不快な症状を改善することができます。 まずは腕を大きく回す運動や、壁に手をついて肩甲骨を動かす運動を行います。次に、軽い荷物を持ったり、棒を使って肩周りの筋肉を刺激する運動を取り入れます。 さらに、ストレッチングも有効です。上腕三頭筋を伸ばす運動や、胸筋を伸ばす運動など、特定の筋肉を緩めることで肩の可動域を広げます。 運動療法は、肩の血行を良くすることで炎症を抑える効果もあります。整体師が患者さんの痛みの程度や筋力、可動域などを詳しく調べた上で適切な運動療法を行いますので、安心して受けていただけます。

    五十肩痛が再発した場合の対処法

    五十肩とは、肩関節周囲炎の一種で、50代以上の方に多く見られる肩の痛みを指します。一度治った五十肩も、再発することがあります。再発時には以下の対処法を試してみましょう。 1. 整体施術 五十肩の原因は、肩関節周囲の筋肉や靭帯の硬さや緊張によって肩関節の可動域が狭くなるためです。整体施術により、筋肉や靭帯の緊張が緩み、肩関節の可動域が改善されます。 2. ストレッチ 肩関節周囲の筋肉を柔らかくするために、ストレッチを行いましょう。ただし、無理なストレッチは肩関節を悪化させることがあるので、整体師やトレーナーの指導を受けることが大切です。 3. 筋力トレーニング 肩関節周囲の筋肉の弱さが、五十肩を引き起こすことがあります。筋力トレーニングにより、筋肉の強化が期待できます。 再発を防ぐためには、ストレッチや筋力トレーニングを日常的に行い、適度な運動や姿勢の改善などにも気を配りましょう。また、肩の痛みが再発した場合は、早めに整体師や医師に相談しましょう。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。