川西AXIS整体院

五十肩の原因と改善法

ネット予約はこちら LINE予約はこちら

五十肩の原因と改善法

五十肩の原因と改善法

2023/11/23

五十肩は、肩の可動域が制限される症状のことを指します。その名の通り、主に50歳以上の方に発症することが多いですが、近年は若い世代でも見られるようになりました。原因は複数あり、過剰な負荷や姿勢の悪化などが考えられます。本記事では、五十肩の原因から改善法までを解説します。

目次

    五十肩とは何か?

    整体師の視点からご説明しますね。五十肩とは、肩関節周辺の組織に慢性的な炎症が起こり、痛み・運動制限・筋力低下などの症状が現れる疾患です。中高年の方に多く見られ、特に女性に多い傾向にあります。 原因は、日常生活での肩関節の使用過多・加齢に伴う組織の変化・過度なストレスなどが挙げられます。整体では、患部の症状を和らげるために、痛みの原因を特定して適切なテクニックでアプローチします。 具体的には、首から肩甲骨にかけての筋肉をほぐし、肩関節周辺の筋肉や靭帯を刺激するなど、一人ひとりの症状に合わせた施術を行います。また、日常生活での姿勢の改善や、ストレスをうまくコントロールするためのアドバイスも提供しています。 五十肩は身体の中でも大きな関節のひとつである肩関節に問題が生じるため、その治療には時間がかかる場合があります。しかし、整体では痛み・運動制限などの症状をいち早く改善するため、日常生活でのストレスや姿勢などに気を配ることが大切です。

    五十肩の主な原因は何か?

    五十肩とは、肩関節周囲炎とも呼ばれ、50歳以上の人に多くみられる疾患で、肩や腕の動きが制限されることが特徴です。主な原因としては、加齢による軟骨の劣化や炎症、肩の過度の使用、腱板や筋肉の損傷、血行不良などが挙げられます。また、生活習慣の乱れやストレス、栄養バランスの偏りも影響を与える可能性があります。整体は、体のバランスを整える施術法です。五十肩の場合、肩周りの筋肉や腱板をほぐすことで、痛みや違和感の緩和につながることがあります。ただし、原因が多岐にわたるため、個々の症状に合わせた施術が必要となります。早期の治療が重要といわれているため、肩の痛みや動きの制限がある場合は、専門医や整体師に相談しましょう。

    五十肩を改善するために自宅でできることは?

    五十肩とは、肩が凝り固まり動かしにくくなる障害のことです。全身の骨格のバランスが崩れると、肩周りの筋肉に負担がかかって緊張し、痛みが生じます。整体では、五十肩の改善方法として、施術を行いますが、自宅でもできることがあります。 まずは適切な休息をとることが重要です。肩周りを休めるように寝るときは、背中にまくらを置いてベッドに横になることをおすすめします。また、肩のまわりを温めると筋肉がほぐれ、血流がよくなります。湿布や温められるグッズを使用し、鎮痛作用がある食品も積極的に摂取することが肝心です。 さらに、ストレッチングを行うことも効果的です。肩を前に回しすぎず、ゆっくりと腕を回して肩甲骨周りのストレッチを行いましょう。また、柔軟性を高めるためにヨガやピラティスなどのエクササイズを取り入れることもおすすめです。 五十肩は痛みが強く日常生活に支障をきたす恐れがある症状です。しかし、無理な運動や無理な姿勢を続けることで悪化することもあるため、適度な休息とストレッチング、温めることなどを取り入れ、自宅でも改善するよう心がけてください。

    病院での治療方法とは?

    整体業種の皆様にとって、病院での治療方法を理解することは、病気や怪我の治療を行う上で非常に重要です。一般的に、病院では医師が患者の状態を評価し、必要な治療を行います。病気や怪我に応じて、投薬、手術、リハビリなどの治療方法があります。 整体と病院の治療方法は異なりますが、一般的には補完的な役割を果たします。整体師は、身体の調整を通じて、筋肉や関節の問題を改善することで、健康を促進することができます。 整体師は、病院での治療方法と同様、個々の患者の状態に合わせた治療を行います。整体師が主に行う治療には、骨盤矯正、ストレッチ、マッサージ、圧力療法などがあります。 整体と病院の治療方法にはそれぞれ、利点や欠点があります。整体は、医師が処方する薬剤のような副作用がなく、自然な治療方法であるため、安全だと言われています。一方で、病気やけがの治療を必要とする場合には、整体治療だけでは不十分であることがあります。 病院での治療方法と整体治療は、それぞれの特性を理解し、必要な場合には併用することで、より効果的な治療方法が提供されることが期待できます。

    五十肩予防のためにできることは?

    五十肩は、肩関節周辺の筋肉や腱、靭帯が炎症を起こして発症する病気です。痛みや可動域の制限により、日常生活に支障をきたすことがあります。そこで、五十肩を予防するためには、以下のことがおすすめです。 まず、姿勢を正しく保つことが大切です。デスクワークなどで長時間同じ姿勢をとることで、筋肉が硬くなり、血行不良が起こることがあります。そのため、定期的なストレッチや体操、筋トレを行い、筋肉の柔軟性を保つことが必要です。 次に、適度な運動を行うことが大切です。肩や腕を使った動作が多いスポーツや運動をすることで、筋肉を鍛えることができます。また、有酸素運動も行い、全身の血行を促すことが重要です。 最後に、ストレスを溜めすぎないようにすることも大切です。ストレスがたまると、筋肉が緊張したり、心身のバランスが崩れたりすることがあります。ストレスを減らすためには、趣味やリラックスする時間を設けたり、ストレス解消法を身につけることがおすすめです。 以上のことを実践することで、五十肩の予防に繋がります。しかし、症状が現れている場合や、予防方法が実践できない場合は、整体院などの専門家に相談することが大切です。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。