川西AXIS整体院

五十肩の原因・症状・施術法を徹底解説

ネット予約はこちら LINE予約はこちら

五十肩の原因・症状・施術法を徹底解説

五十肩の原因・症状・施術法を徹底解説

2023/11/19

五十肩とは、50歳以上の人によく見られる肩の痛みや動かしにくさのことで、肩関節周囲炎とも呼ばれます。この症状には、何らかの原因によって引き起こされるものが多くあります。痛みや腫れなどの症状が出ると、普段の生活にも大きな支障をきたします。そこで本記事では、五十肩の原因や症状、効果的な施術法について徹底的に解説していきます。

目次

    五十肩とはどのような病気か

    五十肩とは、肩関節周囲炎とも呼ばれ、主に50歳以上の人に発症する疾患です。肩の痛み、こり、動かしにくさ、痛みの放射線などが特徴であり、痛みと制限が強く出る期間が数週間から数か月間続きます。 原因としては、肩の筋肉や腱の酷使、肩の関節周辺の組織に炎症が起こったり、関節の凍結が起きたりすることが考えられます。また、加齢に伴って関節液の量が減少し、関節が摩擦しやすくなることも要因の一つです。 整体などの療法では、関節を揺らすストレッチや、症状がひどい場合は炎症を抑えるための薬物療法が行われます。また、患部の筋肉をほぐすマッサージや、姿勢改善、ストレッチ運動などを行うことで自宅でも改善する可能性があります。 五十肩は、経年的な変化に起因するため、完全に予防することは難しい病気ですが、酷使の少ない姿勢、定期的な運動などで関節を健全な状態に保つことが大切です。また、原因がわからない強い痛みが出た場合は、早めに医療機関を受診することが必要です。

    五十肩の主な原因は何か

    五十肩とは、50歳以上の人に多く見られる肩の痛みと可動域制限を伴う疾患です。主な原因として、肩関節周囲炎や腱板断裂、腱鞘炎、肩甲骨の骨折、関節リウマチ、変形性肩関節症などが挙げられます。 特に、肩関節周囲炎は五十肩の最も一般的な原因とされており、肩の周りにある軟部組織が炎症を起こして痛みや運動制限を引き起こします。また、加齢による肩関節の自然な変化も五十肩の原因の一つとされており、老化に伴って肩関節周りの骨や軟部組織が硬くなっていくことが挙げられます。 その他、ラケットスポーツやゴルフ、重い荷物の持ち運び、長時間のパソコン作業などの日常動作が原因で五十肩が発症することもあります。これらの要因によって、肩関節周辺の筋肉や靭帯が過剰に緊張し、繰り返し受ける負荷が原因となって炎症を引き起こします。 五十肩は、正しい姿勢や適度な運動、ストレッチなどを行うことで予防することができます。しかし、一度発症すると痛みや可動域制限が続くことが多く、早期の治療が必要です。整体による施術や、リハビリテーションなどで早期回復を目指しましょう。

    五十肩の症状とは?

    五十肩とは、肩関節の炎症によって生じる痛みや可動域制限を伴う症状のことを指します。その名称の通り、主に50歳以上の中高年に発症することが多く、女性にも多く見られます。 五十肩の主な症状としては、肩の痛みや圧痛が挙げられます。また、鋭い痛みが出ることで寝返りが打ちづらくなるといったことがあります。肩甲骨周りの筋肉が硬くなり、重いものを持ち上げたり、腕を上げたりするときに痛みや違和感が生じることもあります。特に腕を上げる動作に於いては、上腕と肩甲骨の間の筋肉が痛んだ場合が多く、可動域が制限されることがあります。 五十肩が治るまでの期間は、人によって異なりますが、数か月〜1年程度かかる場合がほとんどです。痛みがひどい場合には、整体などの施術により筋肉の緊張をほぐしていくことで症状を和らげることが可能です。また、運動療法やストレッチなどにより肩の可動域を広げることも大切です。一刻も早く適切な対処をすることで、五十肩の症状を改善することができます。

    五十肩の施術法とは何か

    五十肩は、肩が痛くて上がりにくくなった状態を指します。名前にもあるとおり、50歳前後から発症することが多く、年齢とともに進行することが多いため、早く施術を行うことが重要です。 五十肩の治療法には、様々なものがありますが、整体での施術法は、主に筋肉の弛緩や血行の改善を行うものが多いです。肩関節や周辺の筋肉を中心に、慎重な手技でほぐし、ストレッチなどを行い、徐々に症状を緩和することができます。 また、五十肩の原因の1つとして、姿勢の悪さが挙げられます。整体では、そのような姿勢の悪さを改善するために、背骨や骨盤を調整する施術を行うこともあります。これにより、肩周りの負担が軽減され、痛みや動きの制限が改善されることが期待できます。 五十肩は、自然治癒もしくは治療により回復することが多く、整体施術も一つの有力な治療法です。整体師による丁寧な施術を受け、早期に症状の改善を目指しましょう。

    予防法として実践できることは何か

    整体は健康維持や予防に大きな役割を果たします。一般的に、整体は身体の状態を調整することで痛みや不調を改善しますが、同時に予防にもつながる効果があることも忘れてはいけません。 予防法として実践できることは、まずは定期的な整体治療を受けることです。定期的に身体の状態をチェックすることで、早期に不調を発見し、改善することが可能です。 また、姿勢や姿勢のコントロールも予防法として大切なポイントです。デスクワークやスマートフォン操作など、身体に負担をかける日常生活や習慣を見直し、正しい姿勢を保つことが必要です。 加えて、ストレッチや運動も予防法として欠かせません。筋肉を柔らかくしながら、バランスの良い身体を作ることで、日常生活において外部からの負荷に耐えることができます。 整体は、健康的な身体を維持するために必要なケアの一つとして考えることができます。ぜひ、定期的な整体治療を受けるだけでなく、日常生活での姿勢や運動、ストレッチなども積極的に取り入れ、健康的な身体を保ちましょう。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。